三陸~北上高地の春の蛾

*注意:写真には,他の地域・季節(夏型)に撮影したものも含まれます.
標高帯によって,低地・山地・亜高山と分けました.目安としては以下のようなものです.

低地:標高300 m程度まで.アカマツ林や各種広葉樹林.ミズナラ,シナノキなども普通にある.
山地:標高400~800 m程度.ブナやハルニレ,オヒョウなどの広葉樹林が多い.ダケカンバはまだ現れない.早池峰周辺ではヒノキアスナロ林もある.
亜高山:標高800~1,000 m程度.ダケカンバやシナノキ,ヤナギ類などの広葉樹林が多い.高原ではシラカンバも生える.カラマツの植林も多いが,本来の分布域ではないのでカラマツ食の蛾はほぼ見られない.標高1,100 mを超えると場所によっては亜高山性の針葉樹が出現するが,早池峰・五葉山周辺以外にはほとんどコメツガやオオシラビソはない.これらを寄主とする蛾も少ない.

個人的に「春に三陸・北上山地で出会う頻度」を★(多い)~★★★(珍しい)でランク付けしました。★★★にはかなり格差がありますが。

早春の蛾(3月下旬~4月上旬)
春というよりはまだ晩冬といったほうが良いかもしれない季節.特に出現が早い一部の蛾と越冬種ぐらいしか見られません.関東近辺では,2月下旬~3月前半頃に発生するような蛾たちも,岩手では3月後半まで現れません.

ホソバキリガ
春キリガのトップバッター
エゾモクメキリガ
低地~高所まで非常に多い
シロフフユエダシャク(撮影:関西)
トビモンオオエダシャク
春の大型エダシャク
★★★チャオビトビモンエダシャク
県内では半世紀ぶりに再発見された
★★ハガタキリバ(越冬前個体)
成虫越冬し、早春の暖かい日にも現れる。
★★★エグリキリガ
沿岸にわずかに生育するモミから発生。岩手県沿岸部からは初記録
★★ウスアオキリガ
越冬後は浅葱色で美しい。
ホソウスバフユシャク
早春のフユシャク亜科は本種のみ
★★フタマタフユエダシャク
局所的で、4年目の引っ越し1週間前にしてやっと出会えた

春の蛾(4月中旬~下旬)
木の葉が芽吹きよりも前の季節に発生する蛾たちです.

★★トギレフユエダシャク
メスには短い翅がある
ウスバシロエダシャク
白地にワインレッドが美しい
ウスバキエダシャク
前種ウスバシロよりも地味
★★モンキキナミシャク
岩手ではナカモンキより少ない
★★★ギフウスキナミシャク
岩手県では、30年ぶりにみつかった
★★ウスベニキリガ
やや稀な種だが三陸では普通
マツキリガ
アカマツ食
スギタニキリガ
決まって21時頃に飛来する
★★ハイイロリンガ
越冬個体がみられる
★★キバネトビスジエダシャク
古くなると黄色になる
アトジロエダシャク
初見ではシャクガと見抜きにくい
★★クロフシロナミシャク
昼行性らしいのであまり見ない

晩春の蛾(4月下旬~5月上旬)
桜や若葉の緑が競演し,森が最も美しくなる時期に現れる蛾たちです.

★★イボタガ
エゾヨツメ(撮影地:福島県)
後翅の目玉模様は,光を当てると瑠璃色に見える.
オナガミズアオ
夏にも出る
ヤスジシャチホコ
4月中旬に個体数が増えるが、3月頃にも発生する個体がいるようだ。
オオアオシャチホコ
シャチホコガの2番手
★★アマヒトリ
夏に多いが,春にも少し発生する.
キンイロキリガ
春キリガの中ではしぶとい.6月までいることもある.
カギモンヤガ
春にのみ出現するモンヤガ.

亜高山の早春の蛾(4月下旬~5月中旬)
標高800 m以上のダケカンバ帯・亜高山帯針葉樹林や、雪が遅くまで残るブナ帯の春の蛾を紹介します。多雪地では出現が6~7月頃になることもあります。

シーベルスシャチホコ
カンバ林の蛾
タマヌキトガリバ
カンバ林の蛾
★★キボシミスジトガリバ
カンバ林の蛾
★★カバイロミツボシキリガ(越冬前個体)
本州のミツボシキリガの仲間では最も高所性.
★★ミヤマカバキリガ
ダケカンバ帯に出現する春キリガ.色には変異がある.

山地の早春の蛾(4月下旬~5月上旬)
少し標高を上げなければ見られない春の蛾たち。三陸の海岸線では見たことがないが、北上高地の標高300~800 mくらいに生息する蛾たちを紹介。

★★★シロモンアカガネヨトウ
ハルニレ林に現れる鉛色の美しい蛾.
ヒメカレハ
2 cmほどのコロっとした小さなカレハガ.
キバラヒトリ(撮影地:秋田県)
草原に生息

山地の春の蛾(5月中旬~6月上旬)
ブナ帯やダケカンバ帯,亜高山帯針葉樹林の早春を過ぎた春頃の蛾を紹介します.

ブナアオシャチホコ
色模様に変異が多い.ブナ食の蛾で,ブナ林ならどこにでもいる.