ノヒラトビモンシャチホコ

ノヒラトビモンシャチホコ
Drymonia basalis

●撮影:2020年4月,岩手県大槌町

●分布:本州~九州
●成虫の出現時期:4~5月
●ホスト:クヌギ,ミズナラ

春一番に出現するシャチホコガ.地味な種だが,シーズン始まりを告げる蛾の一つなので見れると嬉しい.春に広葉樹林でライトトラップすると多数見られる.例年最も早くに出会うシャチホコガではあるが,2020年最初に見たシャチホコガはヤスジシャチホコで,本種は2番目であった.

岩手県は北限の生息地でレッドデータCランクに指定されているが,沿岸部では海岸線から標高約700mの峠まで,きわめて多産する普通種である.おそらく,岩手県では主な食樹であるクヌギが少ないこと,かつては本種の記録が散発的であったことからリストアップされているのだろう.


シャチホコガ科(Notodontidae) / 昆虫(Insect) / Top-page