ルリモンエダシャク

ルリモンエダシャク
Cleora insolita

●撮影:2020年5月,岩手県大槌町

●分布:北海道~九州
●成虫の出現時期:5~6月
●ホスト:コナラ,リンゴ,カスミザクラ,シラカンバ

春の山地に出現するエダシャク.白地の中に金色の鱗粉が散りばめられていて非常に美しい.地味ではない地味エダシャクだ.横に幅広く,アツバ類のように下唇鬚が発達する姿はエダシャクの仲間としては独特である.

太い内横線とそれに連なる腹部の太い黒帯が個性的で,基本的に識別は容易だが中部地方以北にはキタルリモンエダシャクという稀な近縁種がいる.標準図鑑によると,この種は環状紋がはっきりするらしい.北東北でも記録があるので,いつか発見したい.

前翅の色には変異が大きいが,岩手県で見られるものは写真のように白っぽいものが多い.寒冷地ほど色が淡くなる傾向にあるという.


エダシャク亜科1(Ennominae1) / 昆虫(Insect) / Top-page