三陸の花

三陸海岸に咲く花

▲2018年7月,三陸海岸北端にある種差海岸(青森県八戸市)

三陸沿岸部でよく見られる植物を紹介しています.季節感は,普段生活している大槌町周辺が基準です.南北に長いエリアなので,場所によって時期はずれると思います.三陸海岸は,青森県八戸市から宮城県石巻市にわたる海岸のことです.南はリアス式海岸,北に海岸段丘が発達したダイナミックな岩礁地形が特徴です.

三陸沿岸部の植生の特徴として,森林率がとても高いことが挙げられると思います.リアス半島部先端の崖すれすれまでアカマツやミズナラ,スギなどの樹木に覆われています.日本海側では岬付近に背丈の低い草原やカシワの疎林が発達するのと対照的です.

リアス式海岸の湾には河川が流れ込み,河口域に砂浜や干潟,湧水による湿地などが見られますが,青森県などに比べるとかなり小規模です.東日本大震災以降,巨大な防潮堤の建設などによって,これらの環境が多く失われてしまいました.

大槌町あたりの海岸線で優占する樹木はミズナラ,アカマツなどです.日本海側の海岸線とは違い,カシワは多くはありません.他にはミズメ・ヤマハンノキ・シナノキ・オオカメノキなどが海岸線から見られることが,関東低地と比較すると大きく違う点でしょうか.場所によっては,ブナ・ハクサンシャクナゲも海岸線に現れます.

関東付近でいうと標高600~800m前後の気候が海岸線から始まっていると考えればよいでしょう.北限の植物としては,イワタバコ・ヤブツバキが有名で,タブノキなどの照葉樹が半島部の先端などにわずかに自生しています.

このページでは私が主に活動している大槌町周辺~種差海岸あたりまでの植物を紹介しています.*すべての写真が三陸地域で撮られたものではないことにご注意ください.★マークをつけた種は他の地域ではあまり見られない,三陸名物とも言えるような植物です.


早春に咲く花(3月〜4月上旬)

低地では積雪がほとんどないため,三陸の早春は内陸部に比べて比較的早く,2月末頃から早春の花が咲き始めます.

フクジュソウ
春一番に咲き始める春植物.里地の南向き斜面では2月末から咲き始める.夏には葉を落として枯れてしまう.

ミチノクフクジュソウ
フクジュソウの近縁種で,やや花期が遅く,桜と同じ時期に咲くとされる.萼片が短いのが特徴.フクジュソウよりも珍しい.

フキ
お馴染みの山菜,ふきのとうが成長した姿.鮮烈なほろ苦い味とともに,三陸の冬は明ける.
イワウチワ
海に近い山の尾根沿いによく生えています.群生地ではピンクの絨毯のように見えて非常に美しい.

春に咲く花(4月中旬〜4月下旬)

3月上旬に早春が始まったかと思ったら,本格的な春が始まるのが遅いのが三陸の特徴です.4月上旬に山形県の沿岸部に行くと,こちらでは4月下旬くらいの季節進行になっていて驚きました.

カタクリ
葉が出る前の落葉樹林に花を咲かせる春植物.日本海側ほどの大群落はありませんが,時々見かける植物です.
エンレイソウ
沢沿いなどに生育する.黒紫色の花と大きな3枚の葉が特徴的.

タチツボスミレ
各地の林縁,草地で普通に見られます.三陸周辺ではスミレのトップバッター.
ヤマエンゴサク
落葉樹林の林床に生育する春植物.カタクリと同じく多雪地ほどは多くない.
フチゲオオバキスミレ
オオバキスミレの変種で,三陸~北海道南部を中心に分布する.オオバキスミレと異なり,群生せずやや乾燥した林内に生育する.

エドヒガン
三陸で山に生える桜の多くは本種。

春に咲く花(5月上旬~5月中旬)
4月中旬に入り木々の展葉が始まりだすと,三陸で最も季節進行が早い時期が訪れます.

ミヤマエンレイソウ
エンレイソウから1週間遅れて咲き始める.エンレイソウよりもやや薄暗い環境に多い.
ナンブワチガイソウ
薄暗いスギ林内などに生える.環境省レッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類に選ばれている.
タニウツギ
5月頃にはそこら中に咲いている.日本海側のイメージがありますが,太平洋側の三陸にも産する.
サナギイチゴ
小川沿いなど湿った明るい草地に生えている.環境省絶滅危惧Ⅱ類の種だが,岩手県内には比較的多く産する.
オオハナウド
三陸では,北斜面や明るく湿った草地に多く生えています.
センボンヤリ
明るく林床が良く整備されたアカマツ林などに生えている.三陸の海岸の景勝地では,駐車場から少しアカマツの山道を歩いた先に展望台等があることが多いですが,そんな道によく生えている植物.
アズマギク
海岸部と高原の背丈の低い草地に見られる.岩上に生えるものもある.
コケリンドウ
海岸沿いの背丈の低い草地にみられる.フデリンドウよりも花期が遅く,6月頃まで見られる.

ホタルカズラ
明るい海岸草原に見られる.

ドクウツギ
県北の海岸沿いに多い。
ヒメヘビイチゴ
明るい沢沿いの草地に普通.
ヤマツツジ
三陸を代表するツツジ.五葉山赤坂峠や室根山には大規模な群落がある.
クリンソウ
樹林下の湿地に生育する.

初夏に咲く花(5月下旬〜6月)
林床には花が少ない時期ですが,一方で海岸や砂浜、草原、干潟のような特殊な環境では色々な花が咲き始める時期です.

ハマボウフウ
砂浜に生えるセリの仲間.生育地は減少中.
ウミミドリ
塩性湿地の植物.各地の河口に見られるが,岩手県内では少ない.
カワヂシャ
湧水や小川付近の明るい水辺に生える植物.花期は長めで9月頃に咲いていることもある.
キバナノヤマオダマキ
高原の植物のイメージだが,三陸では低地から産する.
センダイハギ
海岸付近の草原に生えるマメ科の草本.八戸以北では普通種だが,三陸ではかなり少ない.

梅雨頃に咲く花(6〜7月)

ムヨウ(ヒトツバ)イチヤクソウ
腐植の多いアカマツ林に稀に生える.菌類に寄生する.
スナビキソウ
海岸の砂礫地に生育する.
マルバダケブキ
中部地方のものは赤っぽい黄色で真夏に咲くが,三陸では花が黄色く6~7月頃に咲く.
アサツキ
海岸草原に生える.宮古以北でしか見たことがない.
ノハナショウブ
海岸付近の草原や日当たりのよい湿地に生えるアヤメの仲間.
キンセイラン
スギ林内に稀に生える希少なラン.滅多に見られないが,ある場所には100株以上の群落が広がっている.
スカシユリ
はまゆりとも呼ばれる.岩礁海岸の岩場に生え,6~7月頃に咲く.大槌町での産地は局所的.
エゾアジサイ
やや日陰の沢沿いなどに生える.

夏に咲く花(8月)

ハマナス
海岸沿いの草地や砂浜に分布する.花期は長く,早いと5月中旬頃から花を咲かせる.
キキョウ
草原に見られる植物だが,三陸では県北の海岸の岩場に群生が見られる.
ハマヒナノウスツボ
花崗岩質の海岸の崖地や岩礫地に生える.エゾヒナノウスツボよりずっと小さい.岩手県中部以南では本種が見られる.数少ない三陸固有種の一つ.
エゾヒナノウスツボ
海岸の岩場に生える.岩手県北ではこちらが見られる.
シロヨモギ
海岸草地や砂地に生える全体に白い毛に覆われたヨモギの仲間.
タケニグサ
道端などに生える雑草.目立たないが,よく見ると花火のようで美しい花をつける.

ハンゴンソウ
湿地や道路沿いの草地などによく生える.
クマヤナギ
林縁に普通に見られるつる植物.果実は翌年の夏に熟するため,花と果実が同時に見られる.

晩夏~初秋に咲く花(8月下旬~9月中旬頃)
岩手の夏は短く,お盆を過ぎるとどんどん気温が低くなっていきます.イタドリ・ヨモギ・ヒキオコシなど雑草的植物の花も多く,花の数自体は最も多い時期と思われます.

ヒキオコシ
鹿が食べないので増えている.
ギンリョウソウモドキ
キノコが多いアカマツ・コナラ林などに生える.ギンリョウソウよりも局所的で少ない.菌類に寄生する.
ツユクサ
道端や林縁などに普通に見られる美しき雑草.
メハジキ
山間部の道路沿いに群生する.鹿の多い地域で増加中.

秋に咲く花(9月下旬以降)
9月頃から秋の花の季節となります.

ハマギク
三陸を代表する植物.日本の野菊では最も大きい頭花をつける.南限が茨城でなければ,もう少し三陸にも花好きの人が来てくれたかも…
コハマギク
ハマギクと似ているが,海より一歩引いた場所に生える.海岸すぐそばのアカマツ林や草地に生える.
オオバショウマ
初秋の薄暗い沢沿いにひっそりと咲いている.

タコノアシ
湿地に生える絶滅危惧種.
カラフトニンジン
沿岸部の草地に生える中型のセリ.岩手県北ではあまり見られず,宮古~石巻あたりに産地が多い.

アキノハハコグサ
草地や崖地に生える希少種.ハハコグサに似ているが,大型でよく枝分かれする.一見しょうもない造成地にもあるので要注意.
オヤマボクチ
アカマツ林などの明るい林に生える.根は山ごぼうとして食用になる.

センブリ
アカマツ林内の林道沿いの開けてかつ砂礫が露出した斜面によく生えている.
チチッパベンケイ
海岸近くの明るい岩場に見られる.
コシオガマ
砂礫の露出した平坦地に生える.
ヤクシソウ
明るく乾燥気味の林縁や岩場に生える.