コハマギク

コハマギク
Chrysanthemum yezoense

●撮影:2018年10月,青森県種差海岸

●分布:北海道〜茨城県の主に太平洋側
●花期:9〜11月

三陸海岸を代表する野菊はハマギクだが,もう一種コハマギクが咲く.どちらかというとキク属の本種のほうが正統な野菊だが,ハマギクに比べると花が小さいので,あまり知名度は高くない.

海岸の最前線に咲くハマギクと違い,本種はもう少し陸側にひいた乾き気味の場所に生える.例えばアサツキやノハナショウブが咲く海岸草原や海岸沿いのマツ林の林床などで見られることが多い種だ.系統的には石灰岩地に多いイワギクと近縁であることが知られている.

●撮影:2019年10月,青森県種差海岸


キク目(Asterales) / 植物(Plants) / Top-page