テンモントガリヨトウ

テンモントガリヨトウ
Sedina buettneri moltrechti

●撮影:2021年10月,青森県下北半島

●分布:北海道,本州北部
●成虫の出現時期:10月
●寄主植物:

深秋,北国の湿地に現れる小型のヨトウガ.イネヨトウなどと同じくらいの大きさで,開張2 cmほど.初秋に出現するクシヒゲウスキヨトウよりもさらに遅く,越冬キリガも出現し始める10月中旬頃に発生する.

主に北海道に分布するが,青森・秋田県の一部でも確認されている.この時期に湿地で調査をする人がいないので,見落とされているのだろう.

雨の中,下北半島の湿地帯でライトトラップをすると日没後30分ほどで早々に複数個体が飛来した.生息地では決して少なくない種なのだろう.


ヤガ科5(Noctuidae5) / 昆虫(Insect) / Toppage