コマガタケスグリ

マガタケスグリ
Ribes japonicum

●撮影:2021年5月,岩手県山田町

●分布:北海道,本州,四国
●花期:5~7月

山地~亜高山に生えるスグリ属の落葉低木.沢沿いや湿った林縁などに生育する.高さ2 mほどになる.

写真のものは山田町の林道沿いで出会った.10 km以上続く長いダート林道を登り詰め,谷を横切る道沿いに見慣れない植物を見つけた.よく見ると探していたコマガタケスグリ.ちょっと花の盛りには遅かったが,穂状の花も見ることができた.周辺は鹿の食害が激しく,ヒトリシズカぐらいしか生えていない.コマガタケスグリの葉を揉んでみると,コクサギと同じ香りがしたので,本種も鹿が好まない植物であると考えられた.これまでずっと探していた本種だが,これまで100回ぐらい通った道にもあるのに気が付いてしまった.


ユキノシタ目(Saxifragales) / 植物(Plants) / Top-page