トチノキ

トチノキ
Aesculus turbinata

●撮影:2019年6月,秋田県

●分布:北海道南西部~九州の山地
●花期:5~6月

山地の広葉樹林帯を歩いていると,子供の顔よりも大きな葉を車輪状につけている樹木に出会う.このような樹木は2種類あるが,葉にしわが目立ち先がとがっていれば本種,トチノキだ.谷沿いの湿っていて肥沃な環境に多い.特にブナ帯の平坦な沢沿いでは,時として幹回り5~10m近くに至る巨木に出会うこともある.大きく育った大木の樹皮はケヤキにも似た大きな割れ目を形成し,葉を見なければうっかり間違える.紅葉は黄色く,大きな栗のような果実をつける.

岩手県では,沿岸部から内陸部まで普通に見られる.水や養分のたまる窪地にもよく生えるので,雪の吹き溜まりや除雪置き場に生えている株が,6月下旬頃にやっと新芽を出している様子を見かけることもある.

早春にトチノキが林立するような沢沿いに行くと,本種をホストとするスギタニルリシジミに出会うことができる.北限はブナと同じく北海道南西部らしい.意外にも,北海道のほとんどの場所にはトチノキは分布していないらしい.

●撮影:2019年6月17日,岩手県岩泉町
瑞々しい芽生え.石灰岩地の薄暗い沢沿いにあった.


ムクロジ目(Sapindales) / 植物(Plants) / Top-page