コマクサ

コマクサ
Dicentra peregrina

●撮影:2016年8月,長野県八ヶ岳

●分布:北海道〜中部地方の火山系高山の風衝地
●花期:7〜8月

言わずと知れた高山植物の女王,コマクサ.火山系の高山でのみ見られる.白っぽい細かい葉と美しい可憐な桃色の花が特徴だ.礫が頻繁に動き回り,他の植物が生えられないような環境に生育する.このような環境には特有の高山植物の天下となっている.例えば秋田駒では,同じような環境でタカネスミレやイワブクロ,イワテハタザオ,イワテトウキが多く生育している.

中部地方の高山では白馬岳周辺・八ヶ岳・燕岳など,東北地方の高山では岩手山・秋田駒ヶ岳・蔵王などに分布している.いずれも火山系の高山だ.中央アルプスや南アルプスにもかつては分布していたらしいが,今は見られない.

火山系の高山でも,立山や鳥海山,月山,岩木山,富士山では見られない.もっとも,このうち一部の山では最近登山道沿いに出現しているそうですが..誰かが種を蒔いたとか,登山者に種子がついてきたとか言われてます.


キンポウゲ目(Ranunculales) / 植物(Plants) / Top-page