イチリンソウ

イチリンソウ
Anemone nikoensis

●撮影:2016年4月,東京都八王子市

宮城県~九州の落葉樹林に咲くキンポウゲ科の春植物です.花は大きく,日本産のAnemoneでは最大ではないかと思います.深く切れ込んだ葉も,雪の結晶のようで魅力的な種です.

ニリンソウとは違い,どこでも見れる植物ではありません.また,沢沿いに群生するニリンソウと異なり,やや乾燥した林床に現れる.関東地方では管理された自然公園の雑木林,それ以外では鈴鹿山地の石灰岩地などで見たことがある.


キンポウゲ目(Ranunculales) / 植物(Plants) / Top-page