クサソテツ

クサソテツ
Matteuccia struthiopteris

●撮影:2018年4月、秋田県仙北市

●分布:日本、ヨーロッパ、北米

北半球の温帯域に広く分布する多年生シダ。

芽生えはこごみと呼ばれる山菜。くせがなくシャキっとした食感が美味しい。お浸しでも天ぷらでも美味しい。三陸でも普通に見られる植物で、谷沿いや河川敷などの適湿な草地に多く見られる。しかし多雪地に比べると小ぶりなものが多い。

東北ではありふれた雑草のような植物だが、阪神間に住んでいた頃はほぼ見られない植物だった。ある時、猪名川の河川敷で見つけてとても喜んだ思い出がある。芽生えは小さく、とても山菜として採取できるような大きさではなかったが…

●撮影:2018年4月、秋田県仙北市
採り頃からちょっと過ぎたくらいのもの。十分美味しく食べられるが、このぐらい伸びていると周りの葉を落とさなければならず、少し面倒くさい。もうちょっと短いとその手間が省ける。

●撮影:2021年5月、岩手県大槌町
すっかり伸びたクサソテツ。伐採された谷沿いのスギ林跡に多数群生している。毎年採取するポイントである。


シダ植物(Pteridophyta) / 植物(Plants) / Top-page