マルバスミレ

マルバスミレ
Viola keiskei

●撮影:2019年4月、岩手県大槌町

●分布:青森県以南~九州
●花期:4~5月

青森県以南の太平洋側低山に生育するスミレ。花は白~淡い紫色。同じく白いスミレにヒカゲスミレがあるが、本種のほうが葉が丸く、花の紫色の条線はより単純。生育環境では、本種ではタチツボスミレの出現環境と同じような乾いた環境に多いのに対して、ヒカゲスミレは沢沿いなど湿った環境に見られる。

写真のものは,研究所裏から隣町へ向かう山道沿いの明るい斜面に生えていた.ここでは隣にタチツボスミレも並んで生えていた.三陸の春の樹林帯では,フチゲオオバキスミレやタチツボスミレなどとともに最もよく見られるスミレの一つ.群生することも多い.


キントラノオ目(Malpighiales) / 植物(Plants) / Top-page