テリハタチツボスミレ

テリハタチツボスミレ
Viola faurieana

●撮影:2020年4月,山形県鶴岡市

●分布:青森~福井県の日本海側
●花期:4~5月

本州日本海側の多雪地に分布するスミレ.葉の質感が特徴的.葉は心形で厚みがあり,光沢がある.根出葉の葉柄は長く,地を這うように広がる.

写真のものは,山形県沿岸部の低山で出会った.この山では行きに上った尾根沿いの登山道に多く見られたが,帰りに通った沢沿いの登山道では見られなかった.同じ場所にナガハシスミレも多く,葉の特徴は本種で花の距がナガハシスミレのように細長く伸びたテリハナガハシスミレと呼ばれる交雑個体も見られた.


キントラノオ目(Malpighiales) / 植物(Plants) / Top-page