コケオトギリ

コケオトギリ
Hypericum laxum

●撮影:2019年8月,青森県つがる市

●分布:北海道南西部~九州
●花期:7~8月

湿地や水田脇などに生える小さなオトギリソウの仲間.よく似たヒメオトギリは千葉県以西に分布し,苞葉が線形で,雄蕊の数が多い,分枝するなどの違いがあるが,変異は連続的で変種扱いにとすることもある.

沼の畔で,夏にだけ干上がるために植生が薄くなっている場所で見られた.周辺には,タウコギ・イヌゴマ・サワヒヨドリ・マルバオモダカ・コウホネなどの湿地性植物が豊富に見られた.


キントラノオ目(Malpighiales) / 植物(Plants) / Top-page