セリバシオガマ

セリバシオガマ
Pedicularis keiskei

●撮影:2015年8月,長野県八ヶ岳

●分布:中部地方の亜高山帯針葉樹林
●花期:8~9月

日本固有種で,中部地方の亜高山帯にのみ分布するシオガマギク属の半寄生性植物.北アルプス,中央アルプス,南アルプス,八ヶ岳などの針葉樹林に見られる.30~50cmくらいの高さの植物で,花は2cmほど.花の上唇はくちばし状にとがり,下唇は浅く3裂する.葉の切れ込みが深く,セリ類に似ている.8月に八ヶ岳を登った際に出会った.図鑑通り,亜高山帯沢沿いの針葉樹林下で見かけた.


シソ目(Lamiale) / 植物(Plants) / Top-page