クルマバソウ

クルマバソウ
Galium odoratum

●撮影:2019年5月,山形県鶴岡市

●分布:北海道,本州
●花期:5〜7月

山地の林縁で見られる植物.特に日本海側などの多雪地にスミレ類を探しに行った時に見ることが多い.同属のクルマムグラなどに似ているが,本種以外で葉が7枚以上輪生するのは,葉が針のように細いカワラマツバのみ.花が大きく漏斗状であることでも見分けられる.葉を乾燥させると桜餅の香りと同じクマリン臭が生じるらしい.


リンドウ目(Gentianales) / 植物(Plants) / Top-page