ツノハシバミ

ツノハシバミ
Corylus sieboldiana

●撮影:2019年4月,岩手県宮古市

●分布:北海道~九州
●花期:3~4月

日当たりのよい林縁に生える落葉低木.早春に地味な花を咲かせる.枝先に垂れ下がるのが雄花序.雌花序はイソギンチャクのような形をしている.果実はヘーゼルナッツとして食用になる.

本種は雌花序が雄花序の上に付くのに対して,同属の近縁種ハシバミは雄花序は雌花序より上に付くことで見分けられる.

▲イソギンチャクのような雌花序


ブナ目(Fagales) / 植物(Plants) / Top-page