リンネソウ

リンネソウ
Linnaea borealis

●撮影:2014年8月,北海道大雪山

高山のハイマツ帯林床で見かける常緑低木です.何度か見かけた植物ですが,生えている場所が少ないのでやや稀な高山植物という印象です.タニウツギやニシキウツギなどと同じスイカズラ科の植物ですが,本種はとても背が低い樹木になります.リンネソウという名前は,分類学を始めた研究者リンネのお気に入りの植物であったことによるようです.

これまで,白馬岳と大雪山で見たことがあります.岩手県内の山でも八幡平や早池峰山,五葉山などで見られることが知られています.花は7~8月頃に咲き,写真のものはわずかに残っていた咲き残りでした.


マツムシソウ目(Dipsacales) / 植物(Plants) / Top-page