ナンバンハコベ

ナンバンハコベ
Cucubalus baccifer var. japonicus

●撮影:2015年8月,長野県富士見市

全国の山地の林縁に生える植物で,晩夏に変わった形の花を咲かせます.他のハコベ類よりも実と萼片が大きく膨らんで異様な姿の花になります.南蛮という名前ですが,帰化植物ではなくれっきとした日本在来種です.

珍しい植物ではないはずですが個人的にあまり縁のない植物で,長野県の富士見駅から入笠山へ行く途中の町中の道で一度見た以外では,岩手県久慈市の小袖海岸で見ただけです.


ナデシコ目(Caryophyllales) / 植物(Plants) / Top-page