オオバナミミナグサ

オオバナミミナグサ
Cerastium fischerianum

●撮影:2019年5月,山形県飛島

●分布:北海道〜東北地方の海岸草原,国外では極東・北アメリカ西部まで.
●開花時期:6〜8月

岩礁海岸の草原に生えるミミナグサの仲間で,普通のミミナグサより花弁が大きく見事だ.近縁種のオオミミナグサとよく似ているが,本種では茎が緑色であることで見分けられる.

春の連休シーズンの飛島にて撮影することができた.この植物は飛島名物の一つで,春の珍しい渡り鳥とともに,この花も楽しみにしていた.飛島ではやや局所的に自生しており,北側の海岸草原や岬付近の開けた草原でのみ見ることができた.


ナデシコ目(Caryophyllales) / 植物(Plants) / Top-page