ムラサキ

ムラサキ
Lithospermum erythrorhizon

●ムラサキ目Boraginalesムラサキ科Boraginaceae

●分布:北海道~九州の草原
●開花時期:7~8月

山地草原や石灰岩地でまれに見られる植物.万葉集にも詠まれており,かつては身近な植物であったようだが,現在では環境省絶滅危惧IB類に指定されている希少種.かつては紫色の染料として利用され,岩手県産のものは南部紫として著名であったという.

写真のものは山梨県の疎林や笹薮が続く尾根上の登山道で見ることが出来た.この場所は,かつて数多くの草原性植物が生育するとても良い環境であったという.今は柵に囲まれた一部エリアにしかお花畑は残っていない.岩手県では,北上高地の石灰岩地で今でも本種に出会うことができる.しかし,周辺の樹林化が進んでいるため今の生育環境もそう長くはないかもしれない.


ムラサキ目(Boraginales) / 植物(Plants) / Top-page