アヤメ

アヤメ
Iris sanguinea

●撮影:2019年6月,岩手県岩泉町

●分布:北海道~九州
●花期:5~6月

山地の草原に生える植物で,国産のアヤメ属の中では乾燥気味の環境に出現する.日本海側の亜高山に多いヒオウギアヤメに似ているが,内花被片と呼ばれるうさ耳のように花の上部に立っている花弁が痕跡的で目立たない.また花の綾目部分はアヤメ本種に比べると狭い.

岩手県内ではノハナショウブに比べると稀である.いかに乾性草原が少なくなっているかが伺える.ノハナショウブは低地から高所まで各地の草原・畑地に群生が見られるが,アヤメが見られるのはよく管理された高原のお花畑ぐらいである.

私が初めてアヤメを見たのは,5月下旬に山梨県の日野春付近を歩いていた時であった.その後,6月に三つ峠山頂上部の草原などで出会っている.


キジカクシ目(Asparagales) / 植物(Plants) / Top-page