エビガラスズメ

エビガラスズメ / Convolvulus hawk-moth
Agrius convolvuli

●撮影:2015年9月,山梨県大月市

●分布:北海道~南西諸島
●成虫の出現時期:5~11月
●寄主植物:サツマイモ,ヒルガオ,アサガオ,ヨルガオ,ルコウソウ,フジマメ,アズキ,ツルナ,タバコ

胴体のピンク色が特徴的なスズメガです.ホストは様々な草本が知られており,特にサツマイモやマメ類などの害虫として有名です.そのため,畑や庭などのある人里で見られることが多い種類です.日本だけでなく,ヨーロッパから東南アジア,アフリカまで広範囲に分布している種のようです.

北東北では8~9月に砂浜海岸の草原を散策していると見かける.ライトを当てるとすぐ逃げるのでよく見れていないが,マツヨイグサ類を訪花しているらしい.


スズメガ科(Sphingidae) / 昆虫(Insect) / Top-page