オオミズアオ

オオミズアオ
Actias aliena

●撮影:2015年6月,東京都奥多摩町

●分布:北海道~九州
●成虫の出現時期:4~8月

一般の人も名前を知っているほど有名な蛾です.その美しさは,多くの人を蛾屋に引きずりこんだという.実は蛾を探し始めたころにとにかく本種に縁がなく,一番最初に見たのは蛾の探索を始めてから2年目の夏だった.最初に蛾を探していたポイントでは,照葉樹が多く,また大学構内の雑木林でも発生していなかった.

関西では4月末から春型が出現します.6月~8月にかけて断続的に見られるので,夏型は出現時期がばらつくのかもしれません.岩手県内でも早いと4月から春型が出現し,高所では6月に春型が見られます.

近縁のオナガミズアオは関西の低地では多くないので,都市部で見かけるものはまず本種でいいでしょう.しかし,ハンノキが生える湿地帯が多い関東郊外や,ヤマハンノキが普通に生える冷温帯ではオナガミズアオも数として半々ほど見られるので,識別には要注意です.

●撮影:2019年7月,岩手県釜石市
久慈ありすのリボンのようにとまったオオミズアオ.


ヤママユガ科(Saturniidae) / 昆虫(Insect) / Top-page