アオバシャチホコ

アオバシャチホコ
Zaranga permagna

●撮影:

春,桜が散ると森の緑が濃くなっていく.そんな青葉の季節に現れる蛾.実際には名前の由来は季節ではなく,青っぽくも見える翅の色だと思いますが.黒地に黄色とウスズミカレハを彷彿とさせる姿で,モフモフ度合いもなんとなく似ている.

春だけではなく夏の終わりにも出現するが,この季節は他の蛾も多くて影は薄い.ホストはミズキの仲間が知られており,関東の山地や岩手県においては普通に見られる蛾です.


シャチホコガ科(Notodontidae) / 昆虫(Insect) / Top-page