ツマキシャチホコ

ツマキシャチホコ
Phalera assimilis

●撮影:

●分布:北海道~九州
●成虫の出現時期:6~8月
●ホスト:ミズナラ,コナラ,クヌギ,アラカシ,ウバメガシ

割れてむき出しになった小枝のような見た目が面白いシャチホコガ.本属の各種と似ているが,前翅翅頂部の黄色紋内側が赤褐色に縁どられること,白い腎状紋が不明瞭であることが識別点になる.

北海道に生息する本属はモンクロシャチホコと本種のみで,東北地方ではムクツマキシャチホコが加わるのみである.


シャチホコガ科(Notodontidae) / 昆虫(Insect) / Top-page