ムクツマキシャチホコ

ムクツマキシャチホコ
Phalera angustipennis

●撮影:2019年8月,岩手県

●分布:本州~九州
●成虫の出現時期:8月
●ホスト:ムクノキ,アキニレ

ツマキシャチホコの仲間各種に似ている.前翅翅頂にある黄色紋の内側の縁が黒色になること,外縁角付近の黒色紋が大きいこと,白い腎状紋がはっきりしていることが他種との識別点になる.

なお,岩手県をはじめとする東北地方に分布するのはツマキシャチホコと本種のみである.岩手県で出会う本属はほとんどがツマキシャチホコで,本種にはまだ一度しか出会っていない.


シャチホコガ科(Notodontidae) / 昆虫(Insect) / Top-page