モンキシロシャチホコ

モンキシロシャチホコ
Leucodonta bicoloria

●撮影:2018年7月,岩手県須川温泉

●分布:北海道,本州,四国
●成虫の出現時期:6~7月
●ホスト:シラカンバ,ダケカンバ,ミズメ,アズキナシ,ナナカマド

山地性の美しいシャチホコガ.白地にオレンジ色の特徴的な姿は,写真で見ただけで忘れられない.シラカンバやダケカンバなどのカバノキ科樹木が主な食草なので寒冷な場所に分布が限られるが,個体数は多い.

長野県ではシラカンバが現れる標高約1,000m以上の高所でなければ見られない亜高山の蛾だが,北東北以北では海岸線の樹林帯から見ることができる.岩手県では,海がすぐそばの標高100mのキャンプ場にも分布している.おそらくここではミズメをホストに育っているのだろう.やはり高所のほうが個体数は多く,初夏に標高800 m以上のダケカンバ帯でライトトラップをすると,何個体も飛来する.


シャチホコガ科(Notodontidae) / 昆虫(Insect) / Toppage