ハイイロハガタヨトウ

ハイイロハガタヨトウ
Meganephria cinerea

●撮影:2018年10月,岩手県宮古市

●分布:本州・九州の深山
●成虫の出現時期:10月
●ホスト:ハルニレ・オヒョウ

山地の深秋に出現する秋キリガ.ホストであるハルニレ・オヒョウは本州では深山の原生的な森林に生育する植物で,そう多くは見られない.北方系ではあるが北海道には分布しない種の一つ.

同じ環境・時期に見られるミドリハガタヨトウによく似ているが,前翅後縁の白い模様や緑色の模様の入り方の違いによって見分けられる.擦れた個体は緑色の斑紋がよく見えないことも多く,ミドリハガタヨトウの傷んだ個体と間違えることもある.

岩手県では,北上高地を中心に広く分布する.2019年の秋は,本種を目標にオヒョウのある土坂峠でライトトラップを行い,擦れた個体が1匹だけ飛来した.その後,2018年秋の写真を見返していると,既に新鮮な本種を撮影していたことに気づいた.他のハルニレ食の蛾と同じく,ポイントを狙って行かなければ中々出会えない.

●撮影:2019年10月,大槌町土坂峠


ヤガ科3(Noctuidae3) / 昆虫(Insect) / Top-page