キクキンウワバ

キクキンウワバ
Thysanoplusia intermixta

●撮影:2019年12月,千葉県

●分布:北海道~九州
●成虫の出現時期:4~11月
●ホスト:タンポポ,ハルジオン,キク,エゾギク,ゴボウ,シオン,ヤマアザミ,セリ,ニンジン,イラクサ,オランダイチゴ

各種草本をホストとすキンウワバの仲間.平地~山地まで生息する普通種で,都市部にもいる.ホストに挙げられている種を見るに,畑地でも多いのだろう.超普通種っぽいのだが,光に飛来しにくいため意外と未撮影種であった.

2019年12月,晩秋の房総半島でライトトラップをしている時に出会えた.点灯場所の近くからカーブを曲がって光が見えなくなった場所で,ハンディライトを直射しているにも関わらず,それには意も解せず草藪の上を飛んでいた.しかし,足音を立てるとポトリと草藪の中に落ちてしまった.特徴的な金色のおかげですぐに探し出せたが,光よりも音に強く反応するとは…真面目に光に来ない蛾の探し方を考える機会になった.


ヤガ科2(Noctuidae2) / 昆虫(Insect) / Top Page