コヒサゴキンウワバ

コヒサゴキンウワバ
Diachrysia nadeja

●撮影:2020年8月28日,岩手県盛岡市

●分布:北海道,本州
●成虫の出現時期:6~9月
●寄主植物:オオイタドリ,エゾノキツネアザミ,アキタブキ,ナギナタコウジュ,ナミキソウ,エゾイラクサ

金色に輝く翅の斑紋がきわめて美しい北方系のキンウワバ.オオヒサゴキンウワバに似ているが,本種では外側の線が点列になる(オオヒサゴは実線).東北地方では平地から亜高山まで幅広く見られるが,良好な草原以外では個体数は少なめの印象.

夜の半自然草原をルッキングすると,葉裏で交尾しているペアを見つけることができた.

●撮影:2014年8月,北海道厚岸町
道東に臨海実習を行った際に夜間に施設の光に飛来していた.この時が本種への初の出会い.憧れの種だったので大感動であった.


ヤガ科2(Noctuidae2) / 昆虫(Insect) / Top Page