ウスズミカレハ

ウスズミカレハ
Poecilocampa tamanukii

●撮影:2018年11月,岩手県宮古市

●分布:北海道~九州
●成虫の出現時期:11~12月
●ホスト:サクラ,ヤマハンノキ

カレハガリレーのアンカー,ウスズミカレハ.カレハガとは思えないほど小型.紺色地に枯葉色の斑紋がいくつか,前翅の後援には霜降りが入り非常に渋い色合い.出現時期はウスタビガよりも遅く,フユシャクが出現し始める初冬.本種のように晩秋から冬,早春に出現するモフモフの蛾は,冬ボンビと総称される.

写真のものは,岩手県宮古市の標高700mの高原にて出会ったもの.この場所は本州で最も寒い場所の一つと言われており,11月上旬には最低気温が氷点下を下回る.生気を感じない-3度の静かな夜,道の駅の外灯下にひっそりと佇んでいるのを見つけた.個体数は少なくないはずだが,一晩に飛来する数は少ない.


カレハガ科(Lasiocampidae) / 昆虫(Insect) / Top-page