アトスジクロナミシャク

アトスジクロナミシャク
Epilobophora obscuraria

●撮影:2016年4月,大阪府豊能町

●分布:本州~九州
●成虫の出現時期:5~6月
●ホスト:カイヅカイブキ

晩春に出現するナミシャクの仲間.シロシタトビイロナミシャクに似るとされているが,色合いの他に内横線や外横線の形状が異なり,かなり印象の違う蛾であると感じる.写真のように抹茶色がはっきりと残っている個体であれば間違いなくこちらであろう.

ホストはヒノキ科のカイヅカイブキが知られており,自然下では同属のヒノキ,ヒバ,サワラなどを食餌植物としているのだろうと思う.


ナミシャク亜科(Larentiinae) / 昆虫(Insect) / Top-page