ヒメウコンエダシャク

ヒメウコンエダシャク
Corymica arnearia

●撮影:2015年8月,大阪府待兼山

●分布:関東以西~南西諸島

クスノキなどをホストにする照葉樹林の蛾です.日本国内では関東以西から沖縄まで分布します.

近縁種のウコンエダシャクはより大型で前翅後縁の茶色い斑点の模様が異なります.本種の茶色斑は3つに分かれていますが,ウコンエダシャクでは大きく2つに別れます.また色もやや異なっており,本種はより鮮やかなイエロー地に茶色い点が分布しており,見た目の印象は異なります.

大阪大学構内の待兼山の雑木林を日中歩いている時に見かけました.周辺には餌植物であるクスノキかヤブニッケイがたくさん生えており,その林床に繁茂する笹の上にとまっていました.緑色の葉の上にとまっているとよく目立ちます.


エダシャク亜科2(Ennominae) / 昆虫(Insect) / Toppage