オオシモフリエダシャク

オオシモフリエダシャク
Biston betularia parvus

●撮影:2019年8月,岩手県八幡平

●分布:北海道,本州
●成虫の出現時期:7~8月
●ホスト:カラマツ,ハルニレ,ダケカンバ,ヤマハンノキ

”工業暗化”の話題で,生物の教科書にも載っているエダシャク.通常は写真のような白い個体が多く,稀に黒化型がみられる.しかし産業革命期には,煤で黒くなった樹皮に溶け込める黒化型の個体数が多くなる現象が報告された.北アメリカ・ヨーロッパ・ユーラシア大陸の北部に広く分布する種で,工業暗化はイギリスで最初に報告された.

写真のものは,八幡平周辺の亜高山帯でライトトラップをすると飛来した個体.ブナやシラカンバに溶け込めそうな綺麗な白色型だ.


エダシャク亜科2(Ennominae) / 昆虫(Insect) / Toppage