ヒョウモンエダシャク

ヒョウモンエダシャク
Arichanna gaschkevitchii

●撮影:2015年6月,大阪府

食草はアセビと言われており毒のある蛾であるため鳥に食べられず,同じく毒のあるキシタエダシャクと共に大発生することもある.前翅の色のベースはくすんだ灰色と珍しい.

本種がモデルかは分からないが,蛾の中でとても多くの種が,前翅に白色と黒色,後翅に黄色と黒色を基調としたカラーパターンを採用しており,その範囲は科や季節,国境を超えて共通している.


エダシャク亜科1(Ennominae1) / 昆虫(Insect) / Top-page