マエジロトガリバ

マエジロトガリバ
Tethea albicostata japonibia

●撮影:2020年7月11日,岩手県久慈市

●分布:北海道,本州
●成虫の出現時期:7~8月

前翅前縁が白いためマエジロトガリバ.腎状紋・環状紋は,多くの場合癒合しており黄色っぽい.マエベニトガリバに似ているが,内横線が太く,前縁で大きく内側に寄る.

岩手県では海岸線付近の低地でも5月末~6月上旬にかけて見られたが,やや個体数は少ない.

●撮影:2020年6月,岩手県大槌町


カギバガ科(Drepanidae) / 昆虫(Insect) / Top-page