アカカバイロタケ

アカカバイロタケ
Russula compacta

●撮影:2016年,岩手県大槌町

傘径10cmほどに達する中型のRussulaで,広葉樹林に生える.傘表面は肉桂色で細かい鱗片が多数ある.肉は白色で赤褐色変性がある.ニシンの干物のような不快な臭いがするというが,そんなに強烈なものに出会ったことはない.

関西にいた頃も大学構内でアカカバイロタケではないかと思われるRussulaを確認していたが,写真のもののような典型的な特徴を持つものを見ると,やはりあれは別物だったのではないかと思う.


ベニタケ目(Russulales) / 菌類(Fungi) / Top-page