シロキツネノサカヅキモドキ

シロキツネノサカヅキモドキ
Microstoma macrosporum

●撮影:2020年4月,山形県

●発生時期:早春

早春に発生するチャワンタケの仲間.碗形の部分で直径5mmほどの小さなキノコ.落ち葉に埋もれた湿った材上から発生する.早春,春植物が咲き乱れるような多雪地の谷沿い落葉広葉樹林で見られる.雪解けの水で一気に成長するのでしょうか.

岩手県内の山にもありそうなものだが,中々発見できなかった.日本海側の低山にオオミスミソウなどの春植物を見に行った人が,ブログなどで一緒に写真をあげていることが多く,本種の目撃情報がある山へ赴くことにした.やはり花を見ている人の目にも留まるくらいで,山腹の沢沿いにいくつも発生しているのを発見できた.


チャワンタケ目(Pezizales) / 菌類(Fungi) / Top-page