ヒイロチャワンタケ

ヒイロチャワンタケ
Aleuria aurantia

●撮影:2014年10月,山梨県

とても個性的な姿をしたキノコです.鮮やかなオレンジ色は自然界では普通見られない色なので人工物にしか見えず,よく目立ちます.無味無臭で,食用にはされていません.

本種の存在を知らない人なら,ミカンの皮かと思ったらキノコだった,と驚くことになるかもしれませんが,我々キノコ好きな人たちはヒイロチャワンタケかと思ったらミカンの皮だったという事のほうが多いのではないでしょうか.

砂利や道路沿いの草地のような,一般的にしょうもなく見える環境に発生するキノコですが,個人的に見る機会は少ない種です.キノコ探しに山梨県を訪れた際に,林道脇の砂利から生えているのを見ただけです.


チャワンタケ目(Pezizales) / 菌類(Fungi) / Top-page