ニカワハリタケ

ニカワハリタケ
Pseudohydnum gelatinosum

●撮影:2018年10月,岩手県大槌町

針葉樹の倒木や枯木から発生するキクラゲ目のキノコ.4~5 cmくらいの大きさになる.キクラゲの仲間であるから,全体にぶよぶよとしている.表側の面は白~褐色,裏側は白~半透明.肉はゼラチン質で,味はないが食用になる.

裏面は針状.針状といっても柔らかい.別名「猫の舌」はこの特徴に由来する.