大槌町周辺の生物観光案内

吉里吉里海岸(大槌町吉里吉里)
 大槌町で最も大規模な砂浜海岸.海中には広大なアマモ場が広がっており,タチアマモやスゲアマモも確認されている.砂浜にはハマヒルガオ,ハマエンドウ,コウボウシバ,コウボウムギ,テンキグサなどの海浜植物が多くみられ,北海道と岩手県のみに分布するエゾノコウボウムギの生育も確認されている.

町方湿地(大槌町)
 かつて市街地があった場所に,震災後に誕生した湧水湿地.「ダーウィンが来た」にも紹介された陸封型イトヨとニホンイトヨ(イトヨとは別種)の交雑個体が生息している.
タコノアシ,ミズアオイなどの湿地性植物,ミヤマアカネ,モートンイトトンボ,ハラビロトンボなど減少しているトンボ類が多くみられる大変貴重な環境を有していた.一部は湿地環境を残したまま公園化されたが,2020年冬に大規模に造成されたために湿地の規模は3~4割ほどに縮小した.

片岸海岸(釜石市)
 海藻の打ち上げが多く,ハマダンゴムシやヒョウタンゴミムシなどの海浜昆虫類も多い砂浜海岸.ウンランやハマボウフウも見られる.

片岸公園(みのすけ沼)(釜石市)
 かつてみのすけ沼という一級湿地があった鵜住居川河口に

新山高原(大槌町・遠野市)
 大槌町の西部に位置する標高約1,000 mの高原.標高700 m以上に平坦な土地が広がっており,牧場や牧草地に利用されている.住民による狩猟,渓流釣り,山菜採り,きのこ狩りなどの場にもなっている.5月には牧場脇にズミが咲き乱れて美しい.標高800 m以上には美しいダケカンバ林がみられる.ホンドキツネやノウサギのもよく出会える。
見られる花:ホソバノアマナ,ニリンソウ,カタクリ,コキンバイ,アズマギク,ズミ,ヤマナシ,クリンソウ,ウワミズザクラ,ナナカマド,ヤグルマソウ,バイケイソウ,レンゲツツジ,コバイケイソウ,ベニバナイチヤクソウ,クガイソウ,キリンソウ,マルバダケブキ,オオウバユリ,ノリウツギ,リンドウ,センブリ,タチコゴメグサなど.

土坂峠(大槌町・宮古市)
 大槌川沿いの道を登りつめると、土坂峠に至る。標高750 mあり、冬には雪景色に包まれるが、冬期も閉鎖されず通行することができる。峠の最上部にはブナやダケカンバもわずかに見られる。哺乳類との遭遇頻度が高いエリアで、夜にこの道を走るとツキノワグマ・ホンシュウジカ・タヌキ・アナグマ・ウサギ・テン・ハクビシンなどにしばしば出会える。最上部と宮古市側は特に美しい落葉広葉樹林が広がっている。ただ、鹿の密度が高いためか林床は豊かとはいえない。