地名を冠する生き物たち

北海道とそれ以北の海外

蝦夷(えぞ)
近世,北海道の松前周辺を除いた地域を蝦夷地と呼んだ.国内では北海道のみに分布する種や北方系の多くの種の和名に”エゾ”が冠されている.

ジョウザンヒトリ
定山渓は札幌近郊の著名な温泉街を伴う渓谷.
イワブクロ(タルマイソウ)
樽前山で見つかったため,タルマイソウとも呼ばれる.

樺太:サハリン島は日本領有下で樺太島と呼ばれた.より北方系の強い生物種に冠されている.

カラフトイチヤクソウ
国内では高山性のイチヤクソウの仲間.

東北地方

南部:青森県東部(下北・上北・三八)・岩手県北部~中部・秋田県北部(鹿角郡)を含む地域のことです.

ナンブタカネアザミ
栗駒山~月山,飯豊山などに分布するアザミ.分布域は南部地方に一切かぶっていない.アザミ類は地域ごとの種分化が著しく,地名を冠する種がたくさん存在する.
ハヤチネウスユキソウ
北上山地の最高峰,早池峰山に特産するウスユキソウの仲間.
アッカゼキショウ
安家:岩泉町北部の石灰岩地が有名な地域.

キタカミヒョウタンボク
北上山地(高地)は岩手県西部に広がる高原地帯.本種は北上山地高所の固有種.
ミチノクナシ
陸奥(みちのく)は,みちのおくが転じた言葉.磐城・岩代・陸前・陸中・陸奥(むつ)の総称で,広く東北地方の東部をさす名称.イワテヤマナシとも.本種は自生では北上山地の固有種とされる.
ハチジョウナ
八丈島原産と誤って伝えられたことによる.実際には北地の海岸に多い植物.
サナギイチゴ
愛知県の猿投(さなげ)山に由来する.
イブキジャコウソウ
滋賀県の伊吹山に由来する.
カイタカラコウ
山梨県の旧国名の甲斐国に由来する.本種は南アルプスや八ヶ岳を中心に見られる.
シナノナデシコ
中部山岳に固有のナデシコ.
コウヤワラビ
和歌山県の高野山に産することが由来だが,実際には高野山には産しないらしい.
トガクシソウ
長野県戸隠で最初に採集されたことに由来する.