タケニグサ

タケニグサ
Macleaya cordata

●撮影:2020年7月2日,岩手県大槌町

●分布:本州~九州
●花期:7~8月

荒地や道路脇に生える雑草的植物.関西にいた頃は全く見なかったが,柏に移るとその辺にもある植物で驚いた.花は下から順に開く.蕾のときには2枚の萼片に包まれており,開花とともに萼片が脱落し,線香花火のように開く.

茎は粉白色を帯び中空で,折ると黄色い乳液が出る.アルカロイド系の毒を有する.

2 m以上の高さにもなる大型の草本.葉形は野菊のようで,なかかな美しい.


キンポウゲ目(Ranunculales) / 植物(Plants) / Top-page