ミヤマキケマン

ミヤマキケマン
Corydalis pallida var. tenuis

▲写真1:2020年4月、岩手県大槌町

●分布:近畿地方以北~北海道
●花期:4~5月

キケマン属の越年草.ミヤマという名前だが,深い森にはなく,里地の石垣や道端,法面などによく見られる.また関東の低地にも産する.西日本には母種のフウロケマンが分布する.フウロケマンは全体に小さく、花の数が少ないとされるが、区別し難い中間型も多いという。

東北地方で春に見られるキケマン類はふつうミヤマキケマンであるため,写真のものもミヤマキケマンとしている.岩手・青森では近縁のエゾキケマンが分布するが,これらを区別するためには,種子表面の構造を観察しなければならない.


キンポウゲ目(Ranunculales) / 植物(Plants) / Top-page