ギンリョウソウ

ギンリョウソウ
Monotropastrum humile

●撮影:2020年6月,岩手県五葉山

●分布:北海道~九州
●花期:4~7月

全国の樹林帯に生育する腐生植物.寄生植物であり,葉緑体を持たないため植物体に緑色の部分が一切ない.ベニタケ属やチチタケ属のキノコに寄生することが知られている.これらのキノコは樹木と共生する外生菌根菌であるので,間接的に樹木に寄生しているといっていよいだろう.

沢沿いの湿った樹林帯やキャンプ場などよく整備された林床などに多い.針葉樹林,広葉樹林問わず生えている.また,低地から亜高山帯まで幅広く分布することも特徴的.

写真の花には,霧の中登った五葉山の登山道にて出会った.雨に濡れるとガラス細工のようで大変美しい.雌蘂の青色が際立って見えた.生息地にはたくさんあるが,下向きに咲くので花の内部が見える良い写真を撮るのは中々難しい.斜面の際に咲いている花を探し出さなければならない.


ツツジ目(Ericales) / 植物(Plants) / Top-page