ナンブワチガイソウ

ナンブワチガイソウ
Pseudostellaria japonica

●撮影:2020年5月,岩手県大槌町

●分布:東北~中部地方
●花期:5~6月

岩手県~長野県の太平洋側に分布するワチガイソウ属の植物.花弁に切れ込みがあり,花柄や茎,葉の縁にはやや長い毛が生える.

低山地に産し,花弁に切れ込みがあるワチガイソウ属は本種とワダソウで,ワダソウの最上部の葉は卵形で輪生状につく.ナンブワチガイソウでは葉が対生し,その葉腋から一つずつ花柄が出る.

スギ林の林床など,やや薄暗い環境に見られる.特に変わった環境に生える植物ではないが個体数が少ないようで,絶滅危惧Ⅱ類に選定されている希少種.

写真のものは自粛期間のGW中,研究発表が迫っていて近距離のフィールドにしか行けず山菜取りも兼ねて入った半島周りのスギ林谷沿いで見つけた.付近にはモミジガサやヒトリシズカ,ルイヨウボタンなどが多く見られた.


ナデシコ目(Caryophyllales) / 植物(Plants) / Top-page