カワラナデシコ

カワラナデシコ
Dianthus superbus

●撮影:2019年8月,岩手県岩泉町

●ナデシコ目Caryophyllalesナデシコ科Caryophyllaceae
●分布:北海道~九州
●花期:7~9月

盛夏から晩夏の草原を彩る草花.高原のお花畑や畑地脇の草地,明るい樹林帯の林縁,河川敷など明るい環境を好む.日なたの岩場にも見られる.晩夏にかけて切れ込みが深い桃色の美しい花を咲かせる.

滋賀の伊吹山や秋田の寒風山など,大きなお花畑の草原では早く梅雨頃から見事に花が咲き乱れている.花を探す人は良い環境が残された場所を選んで散策するので忘れがちだが,都市部では中々見られないやや珍しい植物となってしまった.埼玉県と岩手県ではランクは低いがレッドデータに挙げられている.山の森林化と共に確実に減少している植物と思われる.

写真のものは岩手県岩泉町の岩場で見かけた.石灰岩地を特別好む植物ではないが,明るい岩場が多いこの地域では,他の市町村よりも出会いやすい.なおこの場所に産するものは,変種エゾカワラナデシコにあたると思われる.東北地方では海岸,岩場,湿原,河原などでは定番の植物だが,深い森では見られない.


ナデシコ目(Caryophyllales) / 植物(Plants) / Top-page