カワラノギク

カワラノギク
Aster kantoensis

●撮影:2018年11月,鬼怒川河川敷

●分布:関東地方
●花期:10~11月

相模川,多摩川,鬼怒川など関東地方の礫河原にのみ生育するシオン属の野菊.氾濫時に冠水するような植生の薄い礫河原にしか生育できず,河川整備によって生息地が減少している.同様の環境でカワラニガナ,カワラハハコ,カワラバッタなどが見られるが,いずれも絶滅の危機に瀕した希少種.日本有数の素晴らしい礫河原,宇都宮市近辺の鬼怒川河川敷では多数見られた.


キク目(Asterales) / 植物(Plants) / Top-page