キタノコギリソウ

キタノコギリソウ
Achillea alpina subsp. japonica

●撮影:2019年7月,青森県種差海岸

●分布:北海道,本州中部以北?
●花期:7~9月

北日本の海岸草原や山地草原に分布するノコギリソウの亜種.よく似たエゾノコギリソウは花弁がより大きく,葉が太く鋸歯がやすりのように細かい.青森県ではエゾノコギリソウは日本海側にしか見られないが,キタノコギリソウは日本海側・太平洋側いずれの海岸でも見られる.

写真のものは,八戸市の種差海岸の海岸草原で出会ったものである.この場所で咲くエゾノコギリソウは美しい桃色になるものが多い.一方,少し南下した久慈市の海岸に咲くエゾノコギリソウは白色である.


キク目(Asterales) / 植物(Plants) / Top-page